La Interprofesional del Aceite de Oliva Español (スペイン産オリーブオイル専門職連携)には、オリーブオイルの製造、マーケティングの全プロセスで作業している、専門家が参加しています。当団体は、4万人のオリーブ栽培農家、1755人の圧搾業者、1500人の瓶詰業者、22人の精製業者の声を代表しています。

当団体の活動のおかげで、スペインはオリーブオイルの生産、マーケティング、 輸出において世界をリードしており、近年のキャンペーンでは年間平均販売量は140万トンに上り、その62%は輸出市場に向けられています。

オリーブオイル産業はスペインの農産食品システムの最も主要な部門の1つであり、スペイン経済の牽引役を果たしています。実際に、 オリーブオイルは、スペインの輸出総数順位の第3位につけ、我が国の農産品販売の10%を占めています。

これは、偏にオリーブ栽培の伝統とオリーブ栽培用の広大な耕地のおかげで可能となっています:3億4000万個のオリーブが収穫される、世界で最も多様かつ生産性の高い250万ヘクタールに及ぶオリーブ畑は、世界で最も広大な面積であると考えられています。

これは我が国の文化、伝統、歴史の一部を形成する景観、環境両面の遺産と言えます。このようなオリーブ畑は、先端技術が導入された精製ラインと、最高品質のオリーブを見分け、収穫する事が出来る収穫のプロや全世界に販売する能力のある専門家によって支えられています。オリーブオイルは、食に精通した消費者の需要を満たすことができます。