春の訪れをエキストラバージンオリーブオイルで堪能するコツ。

春一番が吹いたらもう桜が待ちどうしくなるこの季節。新緑の息吹が日に日に感じられる中、寒さで家にこもりがちな冬の間にじっくり考えたことを実行に移し始めるのは今が一番 。

春といえばやっぱりこの季節ならではの春の味覚を堪能するのがベスト。そこで今日はそんな食材をスペイン産エクストラ・バージン・オリーブ・オイル美味しくいただく幾つかのコツをご紹介します。

春の味覚の代表的なものとその栄養価

 

バンブー

まず春の味覚の代表的なものを文部科学省の食品標準成分表のデータに基づく旬の食材百科で見てみると…。

食物繊維とカリウムを多く含み、高血圧予防や便秘予防に効果が期待できます。

ふきのとう

カリウムが高血圧やむくみ防止に効果。さらに、苦味成分のケンフェールは活性酸素を抑制し、アルカロイドは肝機能を強くしてくれます。

タラの芽

豊富なα-タラリン、β-タラリンは血糖値低減に効果あり。また、カリウム、カルシウム、ビタミンE、ビタミンB12が多く含まれます。

菜の花

多く含まれるβ-カロテンは体内でビタミンAに変わり、粘膜と皮膚の健康維持、視力と健康な髪の毛の維持が期待されます。

いかがです?春の食材はこう見ただけで健康的なのが一目瞭然。おまけに美味しいんだから言うことなし。

美味しくって健康的なのはエクストラ・バージン・オリーブ・オイルについても同じことが言えるんです。

エキストラバージンオリーブオイルの健康効能

 

オリーブオイルの健康効能についてはもうご存知の方も多いと思いますが、おさらいまでにこちらをご覧ください。

オリーブオイルの主成分は不飽和脂肪酸であるオレイン酸。血中コレステロールを下げ心血管疾患予防に一役買ってくれます。このオレイン酸が成分の80%にも至ることもあります。  

さらにビタミンEやポリフェノールなど強力な抗酸化剤を多く含んでいて、血行改善酸化による細胞へのダメージから保護する働きをしてくれます。

大さじオリーブオイル

もう健康的なのは疑いなし、ですよね?つまり、オリーブオイルを春の食材と組み合わせれば、もう無敵!ということで、どうやって組み合わせるかを見てみましょう。

エクストラ・バージン・オリーブ・オイルと春の食材

筍の煮込み

煮込み: やっぱり筍はこれがスタンダード。オリーブオイルを煮込む段階で入れたり、お皿に盛ってから最後にさっと魔法をかけるように回し掛けしたり。いつもと違ったものがいいならアヒージョにしても美味!

炒め物

炒め物: 簡単なのが良ければ、やっぱりオリーブオイルを使った炒め物。菜の花なんかはエクストラ・バージン・オリーブ・オイルでさっと炒めるだけで美味しくいただけます。

お浸し

お浸し: 出汁や醤油にエクストラ・バージン・オリーブ・オイルを加えれば、最高のドレッシングが簡単にできます。爽やかに春を満喫!

天ぷら

天ぷら:オリーブオイルで揚げるのが一番オススメ。180度まで成分が壊れない唯一の油なんです。温度をしっかりコントロールすれば、サクサクの天ぷら完成!

野菜の天ぷら

春を満喫するためのたらの芽の天ぷらのコツ、いかがでしたか?早速実行に移して今年 はエクストラ・バージン・オリーブ・オイルで春を目一杯味わいましょう!

<< 前 すべて 次へ >>